国際プロレス DVD

2010年8月20日発売
上巻写真

国際プロレスクロニクル 上巻[DVD]
5枚組カラー1,119分+特典映像+付録CD-ROM付/税込¥21,000/品番SPD-1328

内容紹介
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

いよいよ発売日を2日後に控えまして、都内のDVD販売店には既に徹夜組が出ているとの情報が入ってまいりました・・・・・すいません、ウソです。しかし、国際プロレスを愛して下さった皆様にとっては、それくらいの期待感を持って発売を待っていただいていたのだろうなあ・・・・という確信がございます。それにウソはございません。それだけのものが出来上がった、という確信もございます。是非、異常に暑いこの夏、国際プロレス名勝負を見て夏バテを吹き飛ばして下さい。

さて、今回の「国際プロレス・クロニクル」に (上)と付いているので、「え?下、も出るの?また5巻セットなの?いつ?」というお問い合わせをはやくも頂いております。上の発売に漕ぎ着けたばかりなので、私もクエストのスタッフの皆さんも気息エンエンで、とても下巻のことまで考えていられないというのが正直なところですが、下巻も、出ます!(たぶん来年になりますが)。「だったら今回10巻ものにして、一回で出したらえーやないの!2回に分けて出すなんて何となくセコイ!」という声も出るかもしれませんが、上巻の映像だけで約20時間、それに今回はCDロムで昭和42年から49年までの国際プロレスパンフレットを全ページ完全復刻していますので、ロム、DVDともに、容量(キャパ)の限界まで詰め込んだという事情をお含みおきいただき、上巻、下巻の2セットに分けざるを得なかった点については、なにとぞご理解頂きたいと思う次第です。

パンフレット見開き写真 パンフレット写真

先週、出来上がった上巻のDVD5枚を改めて早送りで見直したのですが、「これだけ上巻に詰め込んでしまうと、下巻に何が残っているのだ?」的な不安にかられました。ガイジンの一流選手だけに絞ってみても、上巻にアンドレ・ザ・ジャイアント、バーン・ガニア、ダイナマイト・キッド、スーパースター・ビリー・グラハム、ニック・ボックウィンクル、ディック・ザ・ブルーザー、キラー・カール・クラップ、キラー・ブルックス、アレックス・スミルノフ、ジプシー・ジョー、マイク・ジョージ、ジョー・ルダック、モンゴリアン・ストンパー、ジョニー・パワーズを総投入してしまったので、残っている大物は正直言えば少なくなりました。ですが、今回は本来、年末に発売を予定していたものをラッシャー木村さんの急逝ということで大幅に発売を繰り上げた関係で、上記のガイジンで「今回、クラ出しが間に合わずに収録できなかった試合」も結構あり、それらは必ず下巻でフォローさせて頂きたいと考えております。また、上巻に一回も登場しなかった一流ガイジン、具体的に言うと、「ギリシアの黒鷲」ジョン・トロス、「荒熊」ビッグ・ジョン・クイン、「カナダの破壊屋」ビル・ドロモ、「猛牛」オックス・ベーカー、「火の玉」ローラーボール・マーク・ロッコ、「韓国の新星」ヤン・スーヒー(S・マシン2号)、「巨龍」ランディ・タイラー、「黒い暴走野郎」ビッグ・ダディ・リッター(ジャンクヤード・ドッグ)、「日系の悪魔教授」プロフェッサー・タナカ、「ハワイの怪力男」ディーン・ホー(樋口)などの試合がタップリ残っていますので、素材分量には全く不安はございません。上巻に出たメンツの中でも、バーン・ガニア、スーパースター・ビリー・グラハムの未公開シングル試合が合計3つ残っており、これらも必ず下巻に投入しようと思っています。日本人レスラー同士の対決につきましても、上巻に収録しきれなかった大木金太郎対アニマル浜口、マイティ井上対キム・ドク、阿修羅原対稲妻二郎、ストロング小林対ミスター・ヒト、寺西勇対小林邦昭など、まだまだ国際のリングで行われた未ソフト化の好試合はゴマンとあるので、これらも下巻に全部入れる予定にしております。
さらに、「東京12チャンネルの放送開始以前」に国際に登場した一流ガイジン達、ルー・テーズ、ダニー・ホッジ、モンスター・ロシモフ、ビル・ロビンソン、ジョージ・ゴーディエンコ、ルター・レンジ、アル・コステロ、ドン・ケント、ビリー・ジョイス、ピーター・メイビア、イアン・キャンベル、ハンス・シュミット、ブルドッグ・ブラワー、ワルドー・フォン・エリック、ティト・コパ、ジャン・ウィルキンス、ウィリアム・ホール、ゴードン・ネルソン、ビリー・ホワイトウルフ、フレッド・カリー、トニー・チャールス、ブロンド・ボンバーズ、レイ・ゴールデン・アポロンらについては、国際での「動画」こそ残されていませんが国際マットでの試合写真(スティル写真)が信じられないくらいたくさん残されていましたので、それらをフルに集めて並べかえて編集し、この機会にスライドショーの形で全部再現したいと考えています。こちらもご期待いただきたいと思います。また、“恒例”?の特別ゲストをお招きしてのトーク部分には、「旗揚げシリーズに全戦・出場(しかも、すべて第4試合以上メインエベント以下のポジションで!)したレスラーの一人」が、当時の裏事情を全て語ってくださる「予定」(笑)になっておりますので、これもご期待ください(現在 出演交渉中 笑)。パンフレットにつきましても、上巻に収録しきれなかった残りの分(昭和49年のダイナマイトSから、崩壊の昭和56ビッグサマーSまで、全ページ漏れなく)をCDロムで付ける予定にしております。
では、このHP更新も、下巻の作成開始まで、しばしの休息を頂きます。また秋には再開しますから、このクエストさんのHPは、定期的にチェックしていてくださいませ。よろしくお願いします!
末尾になりましたが、この「国際プロレス・クロニクル」の作成にあたり、吉原道子様、吉原辰典様には多大なご協力を頂きました。吉原功社長が亡くなられて6月で25年になりますが、社長の偉大な功績をこういう形で残していけたことに、あらためまして感謝申し上げます。ありがとうございました。

バックナンバー NO.1-2010.6.1号 NO.2-2010.6.9号 NO.3-2010.6.16号 NO.4-2010.6.23号 NO.5-2010.6.30号
 NO.6-2010.7.7号 NO.7-2010.7.14号 NO.8-2010.7.21号 NO.9-2010.7.28号 NO.10-2010.8.4号 NO.11-2010.8.11号
 NO.12-2010.8.18号
 ※バックナンバーの各ベージが正しく表示されない場合は、再読み込みを行ってみて下さい