国際プロレス DVD

2010年8月20日発売

国際プロレスクロニクル 上巻[DVD]
5枚組カラー1,000分予定/税込¥21,000/品番SPD-1328

disc.1 disc.2 disc.3 

内容紹介
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

発売まであと3週間となりまして、収録試合の発表も今週と来週を残すだけとなりました。
しかし、まだまだ「おーーー!これがあったのか!」というラインナップが残っています。
今週も昭和53年から54年にかけての超・貴重な素材が大量に収録決定しましたのでご披露致します。

鶴見五郎 対 ベルモ・サルバトーレ(昭和53年6・26大阪府立体育館)
原 進 対 寺西 勇    (原進デビュー戦 同)
グレート草津、アニマル浜口 対 アレックス・スミルノフ、ミスター・ヒト(IWA世界タッグ選手権 昭和53年7・18岩手県営体育館 3本目のみ収録)
グレート草津、マイティ井上 対 レッド・デビルズ1号、2号(昭和53年10・4札幌中島スポーツセンター)
日本リーグ争覇戦開催の全貌を放送席で発表する吉原功社長(同)
マイティ井上、アニマル浜口 対 上田馬之助、マサ斎藤(IWA世界タッグ選手権 昭和54年4・21 高岡市民体育館)
ラッシャー木村 対 スーパースター・ビリー・グラハム(IWA世界ヘビー級選手権 金網デスマッチ  同  ポニーキャニオンDVDは8ミリ・バージョンの収録だったが、これはテレビ放映されたノーカット・バージョン)
マイティ井上 対 ジャンボ鶴田(日本リーグ争覇戦公式戦 昭和53年11・25 蔵前国技館 =当時の東京12チャンネル・ダイジェスト放送をそのまま再録=約8分)

原まずは原進対寺西勇、原の記念すべきデビュー戦である。結果は15分フルタイム・ドローであったが、既にキャリア12年というベテランの寺西相手に新人とは思えないラッシュ攻撃を見せ、ナンバ府立体育館に詰め掛けた観客を驚かせる。試合開始時はリングサイドのイス席で腕組みしていた吉原社長だったが、試合が白熱するうちにリング下に進み、「残り試合5分!」のアナウンスのあとはエプロンにヒジを置いたり立ち上がってゲキを飛ばしたりで、リング内に負けじと緊迫状態(笑)。いかに原への期待が大きかったかの証明である。
原の入場テーマは「愛の花束」という、全くプロレスの入場テーマにはそぐわないメロディだったが、このDVDでは一切の(当時の)音楽につき再録不可であるため、32年ぶりに聴いていただけないのは残念至極。
ヒトとスミルノフが組んだIWA世界タッグも残念ながら3本目しか残っていなかったが、ヒトさんが亡くなった直後であり、追悼の意味もあって収録させて頂いた。
覆面コンビ、レッド・デビルスの正体はチン・リーとジェリー・クリスチーという前年(昭和52年)に素顔で来た二人の変身だったが、マスカラスやデストロイヤーとは180度違った彼らの「B級感」も、今となっては懐かしい。
このレッド・デビルスのタッグ試合のあとに収録されていた「吉原社長トーク」も貴重なので、そのままノーカット再録した。
吉原社長が日本リーグ争覇戦を前にA・猪木と会談した様子も写真入で語られているが、この日から遡ること11年前、東京プロレスとの「合同興行」という形で国際を旗揚げせざるを得なかったときの「恩讐」を越え、吉原社長が新日本にも選手参加を要請しにいっていたのだ。そして、この「吉原・猪木会談」は、翌昭和54年8・26「オールスター戦」実現の大きな起爆剤となった。そういう意味からも、この「吉原社長トーク」はとてつもなく貴重なフィルムである。
上田馬之助、マサ斎藤のコンビがIWA世界タッグに挑む試合も見所十分。この時点で新日本が主戦場だったフリーの大物二人が国際のリングで如何に存在感をアピールしていたか?特に斎藤の動きが面白い。
同じ日のメインであったラッシャー木村対スーパースター・ビリー・グラハムの金網デスマッチは「東京12チャンネル・バージョン」の初ソフト化(過去に8ミリ撮影バージョンが商品化)。グラハムのベアハッグ対木村の逆エビが真っ向勝負の名勝負だ。木村の金網ヒストリーに絶対欠かせない一戦といえる。
ジャンボ ラッシャー 全日本プロレスで馬場と並ぶエースを張っていたジャンボ鶴田対マイティ井上の若さあふれるシングルマッチも懐かしい。
この一戦、実は日本テレビの放送ワク(土曜夜8時から)でナマ中継されたため、東京12チャンネルのほうは2日遅れの11月27日に録画放送。日本テレビに「オイシイ生放送」を持っていかれた12チャンネルスタッフは、控え室にテレビカメラを持ち込んで、木村、草津、菊池孝氏の解説付きのダイジェスト中継と凝った(苦肉の)番組構成にせざるをえなかった(日本テレビからダイジェストを強制された由)のだが、この部分でラッシャー木村の話す部分が非常に面白いので必見!このあと昭和56年の「こんばんは」を経て昭和60年から「マイクの鬼」になる「ルーツ画面」が、まさに、これだ。

バックナンバー NO.1-2010.6.1号 NO.2-2010.6.9号 NO.3-2010.6.16号 NO.4-2010.6.23号 NO.5-2010.6.30号
 NO.6-2010.7.7号 NO.7-2010.7.14号 NO.8-2010.7.21号 NO.9-2010.7.28号 NO.10-2010.8.4号 NO.11-2010.8.11号
 NO.12-2010.8.18号
 ※バックナンバーの各ベージが正しく表示されない場合は、再読み込みを行ってみて下さい