国際プロレス DVD

2010年8月20日発売

国際プロレスクロニクル 上巻[DVD]
5枚組カラー1,000分予定/税込¥21,000/品番SPD-1328

内容紹介
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

さて、先週に引き続き、収録が決定した16試合をお知らせします。

寺西マッハ隼人 対 ホセ・アローヨ(昭和56年1.7館山市民センター)
寺西勇 対 ボブ・スイータン(同)
ラッシャー木村 対 マイティ井上(同)
鶴見五郎 対 ジ・インベーダー(昭和56年1.20大阪府立体育館)
ラッシャー木村 対 レオ・ロペス(同)
寺西勇 対 ホセ・アローヨ (同)
ラッシャー木村 対 ジ・インベーダー(昭和56年1.29栃木県黒羽町総合体育館)
ボブ・スイータン 対 ホセ・アローヨ(昭和56年1.26和歌山県白浜会館)
アニマル浜口 対 ジ・インベーダー(同)
ラッシャー木村 対 マイク・ジョージ(同〕
寺西勇、マッハ隼人 対 エル・コバルデ、エローデス(昭和56年2.28後楽園ホール)
マイティ井上、アニマル浜口 対 レイ・キャンディ、レッド・デビル(同)
ラッシャー木村 対 ルーク・グラハム(同)
マイク・ジョージ対鶴見五郎(昭和56年1.31大和市車体工業体育館)
マイティ井上、アニマル浜口 対 ジ・インベーダー、ホセ・アローヨ(同)
ラッシャー木村 対 ボブ・スイータン(同)

これらの試合は「ルー・テーズ杯争奪予選リーグ」として行われた昭和56年1月〜2月の「新春パイオニア・シリーズ」と「スーパーファイト・シリーズ」のものだが、金網デスマッチに代表される「流血試合」が全く無く、かつての「IWAワールド・シリーズ」(1〜6回)の伝統を受け継いだ技と技、力と力の攻防が随所に見られる好試合ばかりである。また、ブロックに別れたポイント争いだったので、同じブロックに入ったラッシャー木村とマイティ井上の大物対決や、ガイジン選手同士の異色対決もマニア泣かせ。この中で圧倒的な強さを見せて秋に行われる予定だった「決勝リーグ戦」に進出したのは「ミズーリの電光男」マイク・ジョージ。河津落とし、ブレーンバスター、ダイビングヘドバットと大技を繰り出して日本勢を圧倒し、リーグ戦で木村を破った試合も収録。マスクマンが二人でてくるが、ジ・インベーダーの正体がロベルト・ソト、レッド・デビルの正体がビル・ホワイト。いずれも新日本プロレスに来日経験があり、「二番煎じ」を敬遠しての急造マスクマンだったが、それなりに個性を発揮して面白い存在感を示している。スペインで最強といわれていたホセ・アローヨの渋いレスリングにも注目してほしい。日本陣営では、独特のルチャ・リブレ殺法で新風を吹き込んだマッハ隼人のファイトぶりも新鮮だ。ヒールに転向していい味を見せていた鶴見も頑張っていた。また、ライバルの井上、浜口に負けじと渋いベテランぶりを見せていた寺西など、国際がいかに個性派揃いの団体であったかを再認識させられる試合の連続だ。国際プロレスが8月に崩壊したため、この「ルー・テーズ杯争奪」の決勝リーグは実現することがなかったが、決勝リーグには前述のマイク・ジョージを初め、おそらくジプシー・ジョー、アレックス・スミルノフ、ジョー・ルダック、モンゴリアン・ストンパー、キラー・ブルックスらの常連も総出場していたろうから、これらのガイジン選手同士の一騎打ちは何としても見てみたかったもの・・・・・30年前の「見果てぬ夢」は、今も尽きない。

バックナンバー NO.1-2010.6.1号 NO.1-2010.6.9号 NO.3-2010.6.16号 NO.4-2010.6.23号 NO.5-2010.6.30号
 NO.6-2010.7.7号 NO.7-2010.7.14号 NO.8-2010.7.21号 NO.9-2010.7.28号 NO.10-2010.8.4号 NO.11-2010.8.11号
 NO.12-2010.8.18号
 ※バックナンバーの各ベージが正しく表示されない場合は、再読み込みを行ってみて下さい
バックナンバートップページに戻る