2010年8月20日緊急発売

国際プロレスクロニクル 上巻[DVD]
5枚組カラー1,000分予定/税込¥21,000/品番SPD-1328

内容紹介
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

流智美です。今回の作品でプロデュースと監修を担当しています。よろしくお願い致します。
ラッシャー木村さんの急逝を受け、年末発売予定だった作品を8月に発売しよう、ということになりました。その関係で、スタッフ一丸となり全力の「突貫工事」状態となっていますが、頑張っていい作品にしますので、よろしくお願いします。
毎週、水曜日にこのHPを更新しますので、8月まで、楽しみに覗いて頂けたらと存じます。

試合写真

まず最初の更新は、順序立て、という観点も大事だと思いますので、Disc1の冒頭に収録されている対談「国際プロレス誕生の真相」から紹介していきたいと思います(約65分)。私が司会を担当し、ゲストとして国際プロレスの創設から崩壊までの全てをご存知、と言って差し支えのない評論家の菊池孝さん(77歳)と、先日5・22のNOAH後楽園で盛大な引退式をされたマイティ井上さん(61歳)のお二人に登場いただき、1966年(昭和41年)から1968年(昭和43年)にかけて吉原功、ヒロ・マツダ、A・猪木、豊登(敬称略)の4人が、国際、東京の二大新団体を立ち上げた経緯を一気に語っていただきました。
力道山時代から、その死後にかけ(1955〜1965)、それまでの「日本プロレス独占体制」にあった日本マットが、なにゆえ、この「昭和41年」になって突如、大分裂を起こしたのか?その起源がわからないと、国際プロレスという団体を理解することはできないし、このDVDを楽しんでいただく興味も半減してしまいます。もう43年も前の話なので聞きなれない固有名詞もたくさん出てきますが、そこは画面に収容されている当時のパンフレット(今回は旗揚げから昭和49年までの、いわゆるTBS時代を全ページ収録しました)を参照いただきながら、「ああ!あの人のことか!」と思い出しながら楽しんでいただければと思います。私自身、初めて聞く話も多く、腰を抜かすようなビックリトークを楽しませていただきました。
国際プロレスの旗揚げは1967年1月の「パイオニア・シリーズ」でした。このシリーズは吉原社長とヒロ・マツダが、半ば活動不能に陥っていた東京プロレスのエースA・猪木を特別参加させたというのが真相でしたが、そのへんの実体、真相が全て語られている貴重な「証言対談」といえましょう。

次に、まず一回目の更新ということで、収録が決定済みの試合の発表(1回目)です。
映像は全て当時の家庭用ホームビデオ(ベータマックスかVHS)で録画されたものなので、やや画面が粗いものもございます(テレビ東京さんにもオリジナルのマスターテープは残されていない試合ばかりです)。ですがプロレス史的に「絶対に、後世に残したい」とも考えまして、素材の「レア性」ということも重視し、仮に映像が粗くても、この機会に漏れなく収録することを優先させて戴きました。その点、購入して頂くお客様におかれましては、あらかじめお含みおきいただきたいと存じます。(また、2005年、2007年にポニー・キャニオンから発売されたDVD BOXに収録されたものは入れておりません)。

マイティ井上、アニマル浜口 対 木村健吾、永源遙(昭和55・3・31後楽園ホール、IWA世界タッグ選手権)
阿修羅原 対 剛竜馬(同・WWU世界ジュニア・ヘビー級選手権)
大木金太郎 対 ニック・ボックウィンクル(同 AWA世界ヘビー級選手権)
ラッシャー木村 対 ジョニー・パワーズ(同 IWA世界ヘビー級選手権)
大木金太郎 対 ジョー・ルダック(昭和55・4・13後楽園ホール)

最初の4試合は、そう、あの、伝説の「世界4大タイトルマッチ」です。浜口が長期欠場に追い込まれたあのシーンも収録されており、今回の作品の大きな要となっています。また、大木対ニックは、大木選手の長いレスラー人生の中でベスト5には間違いなくランクされる名勝負だと思います。
来週からも、収録が決定した試合を続々とこのHPで発表していきますので、お楽しみに!

バックナンバー NO.1-2010.6.1号 NO.2-2010.6.9号 NO.3-2010.6.16号 NO.4-2010.6.23号 NO.5-2010.6.30号
 NO.6-2010.7.7号 NO.7-2010.7.14号 NO.8-2010.7.21号 NO.9-2010.7.28号 NO.10-2010.8.4号 NO.11-2010.8.11号
 NO.12-2010.8.18号
 ※バックナンバーの各ベージが正しく表示されない場合は、再読み込みを行ってみて下さい
バックナンバートップページに戻る