2010年8月20日緊急発売

国際プロレスクロニクル 上巻[DVD]
5枚組カラー1,000分予定/税込¥21,000/品番SPD-1328

内容紹介
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

ラッシャー木村さんの
ご逝去を悼んで

 その訃報は突然飛び込んできました。  
国際プロレスの、これまでソフト化されていない素材がまだたくさんある。それを集めて「これが国際プロレスの決定版だ」と言えるような作品を作ろうと、作業を開始して間もなくのことでした。  
 その温かな人柄で、誰からも愛されたラッシャー木村さん。プロレスラーとしては優しすぎたのかもしれませんが、国際プロレスを守る為に、エースとして必死の闘いを続けたことは、誰もが知っています。  
 その知らせが届くほんの3日前、このDVD-BOXに収録するため、マイティ井上さん、菊池孝さん、流智美さんの3人が集い、国際プロレス旗揚げ当時の思い出話をしてくれました。マイティ井上さんはその時、「木村さんはとても責任感が強く、国プロのために自分の身体を痛めつけ、毎日大量の血を流しながら頑張ってくれていた。今は具合が悪いようだが、早く良くなって欲しい。」と語っていました。  
 ラッシャー木村さんが本当にたくさんの人たちから愛されていたことは、翌日の新聞が物語っています。あらゆるスポーツ紙ばかりでなく、朝日、読売、毎日、産経、日経とすべての一般紙が写真入りでその訃報を伝えていました。  
 木村さんがいなければ、この企画も成立しなかったかもしれません。プロレス界に残して下さった多大なる貢献に感謝し、この作品を木村さんに捧げたいと思います。
 ラッシャー木村さん、どうもありがとうございました。末長いご冥福をお祈りいたします。
バックナンバー NO.1-2010.6.1号 NO.2-2010.6.9号 NO.3-2010.6.16号 NO.4-2010.6.23号 NO.5-2010.6.30号
 NO.6-2010.7.7号 NO.7-2010.7.14号 NO.8-2010.7.21号 NO.9-2010.7.28号 NO.10-2010.8.4号 NO.11-2010.8.11号
 NO.12-2010.8.11号
 ※バックナンバーの各ベージが正しく表示されない場合は、再読み込みを行ってみて下さい
バックナンバートップページに戻る