ジャケット写真 高阪 剛

TK式格闘学会 実践編 vol.3

打撃とテイクダウンの連携〜グラウンドでの展開

商品番号 SPD-3619
収録時間 139分
価格 税込¥6,048(本体価格¥5,600)
カラー カラー
音声 STEREO
字幕  
リージョン ALL
ディスク種類 片面1層
POS コード 4941125636193
ISBN コード ISBN978-4-86308-063-8 C2875 Y5600E
発売日 2008.05.20
VHS作品の有無  
内容

実戦では様々な技が独立して使われることはなく、次々と新しい局面が訪れる。ひとつの技から次の技への移行。相手の技に対する防御と反撃。様々な選択肢の中から、自分が有利な体勢を取り、KOもしくは一本というフィニッシュへと、技を繋げていくことが必要である。
実戦の中では、どのような攻防が行われているのか?フィニッシュへ結びつくまでには、どのような伏線があったのか?単純な技の解説だけでは理解できない、隠れたテクニックの数々を、高阪剛が明らかにする。
第3弾は、テイクダウンと打撃の連係技、打撃を使ったテイクダウンの方法、そしてテイクダウンの後のグラウンドでの攻防を紹介。試合で勝つための、本当に身につけるべき技術がここにある。

収録内容 [パンチからタックルへの連携]
 ジャブ→タックル
 ワンツー→タックル
 オーバーハンド→タックル
 アッパー→タックル
[タックルから打撃への連携]
 タックル→ストレート
 タックル→フック
 タックル→膝蹴り
 タックル→クリンチアッパー
[技を3つ以上連携]
 ワンツー→タックル→ストレート
 タックル→オーバーハンド→タックル
 タックル→膝蹴り→タックル
 タックル→クリンチアッパー→タックル
[カウンター]
 ストレートにあわせるカウンター→タックル
 組み合った状態で膝蹴りに対するカウンター→小外刈り
 タックルにあわせるカウンター(ボタンなし)
  1)膝蹴り
  2)アッパー
  3)首相撲からの膝蹴り
 ガードポジションからの起き上がり(ボタンなし)
  1)タックル
  2)パンチ
  3)がぶり
[打撃を使った寝技の連携]
 インサイドガード(ボタンなし)
  1)パウンド→パスガード
  2)足関節→パウンド
 ガードポジション パウンド→脇くぐり
 ハーフガード 足への肘打ち→パスガード
 サイドポジション 鉄槌→V1アームロック
 マウントポジション
 バックサイドポジション
[トレーニング]
 サンドバッグ
 ミット
 パウンド
出演 高阪 剛
1970年3月6日、滋賀県草津市出身。中学時代より柔道を始め、正強高校(現奈良大学付属高校)、専修大学東レ柔道部と柔道のエリートコースを辿る。1993年9月、リングスに入門。瞬く間に頭角を顕わし、リングスに来襲する世界の強豪を次々と倒した。1998年3月、第16回UFCで怪人キモを下し、一躍世界にその名を広める。その後、UFCのトップコンテンダーとして数々の名勝負を生み出し、世界のTKの名を不動のものにした。2001年10月に帰国後は、PRIDEのリングを中心にして活躍。2004年10月にはロン・ウォーターマンを下しパンクラススーパーヘビー級初代チャンピオンに輝いた。2006年5月、PRIDE無差別級GP一回戦でのマーク・ハント戦を最後に現役を引退。現在は自ら主宰するジムALLIANCE-SQUAREにて、後進の指導に力を尽くすとともに、テレビ解説、技術&トレーニングの本、DVDの出版など、多方面で活躍を続けている。
Copyright 2000-2014 QUEST Co.,Ltd. All rights reserved.