ジャケット写真 心体育道

超護身

商品番号 SPD-1831
収録時間 70分
価格 税込¥5,184(本体価格¥4,800)
カラー カラー
音声 STEREO
字幕  
リージョン ALL
ディスク種類 片面1層
POS コード 4941125618311
ISBN コード ISBN978-4-87389-996-1 C2875 Y4800E
発売日 2007.4.20
VHS作品の有無

 

内容

全米カラテチャレンジを2連覇した廣原誠が教える究極の護身術「心体育道」。派手、無理、無駄など、スキを生ずる動き一切を捨て去った武道理論。
心体育道はスポーツ格闘技ではない。万一の時に身を守る為には、相手の動きに対し適格に反応し、適格に処理する事が必要である。相手に勝つのではなく、相手に負けない事を目的とした捌きの理論を、心体育道創始者廣原誠が教える。
さらにDVD用の映像特典として、平成14年〜18年の奉納演武(約7分)と、平成19年1月に広島直轄道場で行われた稽古指導風景(約25分)を特別収録。

収録内容 受けと崩し:受けの基本動作,受けの自由動作,受けと崩しの自由動作/投げ:投げの基本動作,投げの自由動作,投げを用いての捌き/突き:突きの自由動作,突きを用いての捌き/蹴り:実戦では役に立たない無意味な蹴り,心体育道では使用しない派手な蹴りを含む捌き,心体育道で多用する蹴り,蹴りの自由動作,蹴りを用いての捌き/無極/捌きの型六・七・八/捌き 対複数/杖を用いての自由動作/[映像特典]奉納演武:平成14年度〜平成18年度(約7分)/広島直轄道場稽古(約25分)
出演

監修・実演/廣原誠
廣原誠 Hirohara Makoto(旧姓:吉田誠)
昭和36年広島生まれ。昭和52年、当時の極真会館芦原道場に入門。昭和59年より芦原会館本部にて3年間指導。
昭和62年渡米。この年、コロラド州デンバーで全米サバキチャレンジの前身、全米カラテチャレンジに出場し、重量級で優勝。その後芦原会館L.A.支部を開設。翌年全米サバキチャレンジに再び出場し重量級で二連覇するが、次第に試合という枠の中で行う捌きに矛盾を感じ始め、選手としての活動を中止。以来自分の中にあった、無理、無駄、スキを生じる動きを一切捨て去り、心体育道を生み出す。更に、L.A.ダーマ・ヨーガ道道主、長野美律子師に師事し、究極の心体強健術を習得し、心体育道と一本化。平成7年帰国し、芦原会館を退会。現在に至るまで、広島を拠点として心体育道の指導にいそしんでいる。

Copyright 2000-2014 QUEST Co.,Ltd. All rights reserved.