ジャケット写真

THE A-bomb ヒロシマで何が起こったか

※こちらの商品を単品でお申し込みの場合は専用のオーダーフォームをご利用下さい。 商品代金3,990円+送料500円+代引き手数料315円=4,805円となります。
「THE A-bomb」専用オーダーフォーム

この商品を含め、複数商品をお買い物の方は、カートをご利用下さい。送料はサービスとなります。
商品番号 KEHC-004
収録時間 46分
価格 税込¥4,104(本体価格¥3,800)
カラー パートカラー
音声 日本語、英語、2カ国語音声
字幕  
リージョン ALL
ディスク種類 片面1層
POS コード 4941125600040
ISBN コード ISBN978-4-86308-424-7 C0820 Y3800E
発売日 2012.07.20
VHS作品の有無  
内容 広島原爆の被害を、熱線、爆風、救護活動、放射線の4つに分け、当事者の証言インタビューを織り交ぜながら、原爆を知らない若い世代にも分かりやすい内容で伝える教育映画。従来の兵器と決定的に異なる放射線の脅威を盛り込み、今も続く被害の実態を伝える。

発売元:株式会社 日映映像
収録内容 「The A-Bomb ヒロシマで何が起こったか」は、ヒロシマのローカル放送局である中国放送と、原爆投下直後の1945年秋に広島を撮影した未編集フィルムを所有する日映映像とが、共同でハイビジョン化した原爆フィルムを元に制作された教育用映画です。この映画は2006年に中国放送で放送した番組を基に、新たに判明した情報なども盛り込んで再構成したもので、世界に原爆を伝える普遍的な教育映画として日本語版・英語版が完成しました。
 この映画の特徴は、広島の原爆を『熱線』被害、『爆風』被害、混乱を極めた『救護活動』、長期にわたる『放射線』被害の4項目に分け、当事者の証言インタビューを織り交ぜながら、原爆を知らない若い世代にも分かりやすい内容で伝えていることです。
 特に重点を置いたのは、従来の兵器と決定的に違う放射線の脅威です。原爆投下直後から現れた急性放射線障害や、数年経ってから出てくるガンなどの症状、そして「最も若い被爆者」といわれる原爆小頭症患者の現状まで盛り込み、今も続く放射線被害の実態を伝えます。
出演  
Copyright 2000-2014 QUEST Co.,Ltd. All rights reserved.